アトリエ、子供部屋、隠れ家、別荘などに
「小屋&コンパクトハウス・楽想庵(がくそうあん)」

TEL:050-3825-6345

オリジナル

NEWS & TOPICS
ニュース & トピックス

2017年6月19日
本サイトに新しい情報を追加いたしました。
2016年7月20日
小屋(高床タイプ)モデルハウス県営名古屋空港南にオープン。見学ご希望の方はお問い合わせください。
2016年7月20日
小屋(高床タイプ)販売開始しました。
楽想庵のチラシができました こちらからダウンロードできます(PDF)

ABOUT GAKUSOUAN
楽想庵とは

「木造トラス工法」でつくる新形態の「小屋&コンパクトハウス・楽想庵」

「木造トラス工法」を使用した、新しいスタイルの「小屋&コンパクトハウス・楽想庵」。
「楽」には音楽の「楽」と人生を楽しむ「楽」、「想」の字には「想を練る」、「想いを込める」、さらに創造の創(ソウ)の意味も潜ませ、
自由な発想でつくるプライベート空間への想いを抱きながら命名しました。
三角形を重点的に組み合わせて強度の高い立体構造を作る「木造トラス工法」を採用し、
用途に合わせた自由なデザインや移設・増設も容易に。
想像力が無限に広がる建築形態が誕生しました。

巨大建造物から歴史的建造物まで「トラス工法」は世界の建物を支えています

「トラス工法」は三角形を基本単位とした骨組み構造で、三角形がつり合うことで高い強度を保持し、変形しにくく、大きな空間をとることができるのが特徴です。
東京タワーやスカイツリー、明石海峡大橋などのほか、古くは冨岡製紙工場の屋根も木造トラス工法を採用することで少ない柱で広い空間を確保できています。

FEATURE
楽想庵の特長

柱のないひろびろ大空間
「木造トラス工法」は、14方向に軸材を接合できるジョイント金物の採用と、当協会による設計及び組立ノウハウにより、想像力の及ぶ限り自由な形での空間を作り出すことが可能です。
柱のないすっきりとした大空間は「木造トラス工法」ならでは。小さくてもダイナミックな軸組みの美しさと、空間の広がりを楽しむことができます。
高い耐震性を実現
「木造トラス工法」は、建物にかかる大きな力を小さな力に分散して負担することができ、基本的に骨組みにかかる力は軸方向だけになるため、細い木材でも強い構造が可能になります。大きな建造物や橋などに使用されている「木造トラス工法」は、様々な方向の力にも耐えることができるため、合理的かつ地震に対しても強い構造が実現できます。
長期的に使用できる
接合部には軸材を一本づつ抜き差しできるジョイントを採用しているため、経年変化などにより一部が傷んでしまった場合でも、その箇所だけ新しい木材に取り替えることができ、材の寿命に拠らず長くお使いいただけます。 
短工期、完成建造後の移設も可能
骨組みや床・壁・屋根などの各パネルをそれぞれ工場で製作してから現場で組み立てるため、精度の高い製品を短工期で実現できます。また、骨組みや基礎部分の接合部は分解組立できるため、一部の材料を除き、一度建造したハウスを別の場所へ移設することが可能です。
環境にやさしい
再生産可能な天然資源である木材を利用。中でも間伐材などの国産材を活用することにより、里山保全に貢献します。 
充実した標準仕様の小屋(高床タイプ)
地面から上方に伸びる三角形が生み出す空間が特徴的な小屋(高床タイプ)。床板の一部が車のハッチバックのように開き、階段を登って入る劇的なアプローチとなっています。内壁は小さな木片を材料とした木質ボード(OSB)を採用し、強度と風合いを両立しています。床は肌触りの良い天然木のフローリングとしました。断熱は床壁天井の全てをノンフロンタイプの押出法ポリスチレンフォームというボード状の保温材で包む仕様になっています。
屋根材は防錆性能や遮熱性能の高い「ガルバリウム鋼板」を採用。外壁はスギの耐候性を高めた「焼き杉」とすることで、天然素材の深い味わいを楽しむことができます。
このように充実した標準仕様ですが、ご要望応じてオプション仕様への変更も可能となっています。

DESIGN
デザイン

自由なデザインで用途が広がる

三角形の骨組みを組み合わせる「木造トラス工法」と、さまざまな角度での結合が可能なTNジョイント金物の採用により、想像力の及ぶ限りどんな形のハウスも製作可能に(※)。 建造後の増設にも柔軟に対応できます。 例えば自分だけの世界をつくるアトリエに。天井に作品を吊って展示室に。床下部分を高くして1階を車庫に…。用途と好みに合わせ、形状までも自由にデザインできるハウスです。

小屋(高床タイプ)
コンパクトハウス

※小屋(高床タイプ)・コンパクトハウスは、床面積が10㎡を超えると建築確認申請等が必要になりますので、小屋(高床タイプ)の床面積については10㎡以内を想定しています。
 詳しくはこちら

小屋(高床タイプ)

「木造トラス工法」による構造ならではのシルエットを最大限に活かしたスタイリッシュなデザインと、ゆとりの室内空間を両立させたコンパクトハウスです。床を地面から離した小屋(高床タイプ)ですから、建物下部に雨や日差しを気にせずさまざまな作業が行えるスペースを確保しています。

小屋(高床タイプ) モデルハウス写真
小屋(高床タイプ) モデルハウス写真
小屋(高床タイプ) モデルハウス写真
小屋(高床タイプ) モデルハウス写真
小屋(高床タイプ) モデルハウス写真
小屋(高床タイプ) モデルハウス写真
小屋(高床タイプ) モデルハウス写真
小屋(高床タイプ) モデルハウス写真

本体価格 215万円

(消費税別)

組立工事費用別 参考価格:70万円より(設置場所の状況によりますので、お見積もりさせていただきます)
※運搬費用が別途必要となります。 ※設置場所により、建築申請(官庁申請費用)が必要な場合があります。※ご契約時50%、引渡し時50%のお支払いとなります。

県営名古屋空港前(エアフロントオアシス南側)にモデルハウスを常設 どなたでも見学いただけます(予約制)。ご希望の方は、フォームよりお問い合わせください。

小屋(高床タイプ) 他社類似商品比較表
  楽想庵
小屋(高床タイプ)
A社 B社 C社
特徴 ・柱のないひろびろ大空間
・高い耐震性を実現
・長期的に使用できる
・短工期、完成建造後の移設も可能
・環境に優しい国産材使用
・屋根の傾斜をつけることで
3~4人でもくつろげる
 広さを生み出した
・小屋の木材は100%国産
・工場生産で現地施工が早い
・建築物の移設、再利用も可能
・工場生産で現地施工が早い
・トレーラーや船で
好きな場所へ運搬可能
サイズ 9㎡ 約10㎡ 約9㎡ 13.4㎡
工法 木造立体トラス工法 木造軸組工法 箱型 鉄骨フレーム工法 箱型 鉄骨フレーム工法
外装
[屋根]
ガルバリウム鋼板 ガルバリウム鋼板 根上ウッドデッキ 長尺カラー鋼板
外装
[外壁]
焼き杉 焼き杉材(オイルステイン仕上) 金属サイディング 金属サイディング
内装
[内壁]
木質ボード(OSB) ひのき材単板 有孔ボード(9mm) 木板貼り
内装
[床]
天然木のフローリング モルタル仕上 ラーチ合板(12mm) フローリング(一部タイル貼り)
断熱材 ポリスチレンフォーム t30
(屋根・壁・床下)
ポリスチレンフォーム
(屋根裏のみ)
グラスウール(天井・壁) グラスウール(天井・壁・床下)
価格 2,150,000円
※税別、基礎工事・運搬・設置工事別途
3,000,000円
※税込、材料費・施工作業費含む
2,000,000円
※税別、運搬設置費・一次側工事費別途
3,500,000円
※税別、基礎工事・運搬・設置工事別途

コンパクトハウス

楽想庵の思想をミドルサイズにまで発展させました。「木造トラス工法」&「パネル工法」ならではの、抜群の強度や短い工期をはじめとした、楽想庵ならではのメリットはそのままに、より本格的な居住空間を実現します。

コンパクトハウス模型写真
コンパクトハウス模型写真
コンパクトハウス模型写真
コンパクトハウス模型写真

IMAGE STORY
楽想庵イメージストーリー

人の数だけ想いががあります。
さあ、あなたも描いた夢を楽想庵で実現しませんか。

トラスに守られて
男性(55歳)

これまでずっと働き続けて、一生懸命家族を守ってきた。女房や子供に人並み以上の暮らしをしてほしくて、会社で衝突しても自分を抑えてやってきた。趣味もけっこう我慢したなあ・・・。
そうするうちに、あれほど手がかかった子供も独立した。女房は趣味や交友関係を活かして、元気に人生を楽しめるようになった。自分もやっと自分の時間を作れるようになった。人生を振り返ると、頑張ってきて本当に良かったと思う。
でも、この言い表せぬ焦燥感は何だろう。この先の人生、本当に楽しめることがあるのだろうか?子供は今をどう生きるかがいちばん大切なようだし、ローンが完済した家はいつの間にか女房の城になっている。さあ、俺の人生はどうなる・・・ ?
そんなもやもやした気持ちでいたとき、まるで子供の時に夢に描いた秘密基地のような建物を発見した。名前は「楽想庵」。トラス工法の小屋&コンパクトハウスだと言う。居ても立ってもいられず、とにかく見学させてもらうことにした。何ともいえない不思議な佇まいだ。さて、入り口はどこだ?近寄ってみると、なんと床下から部屋に上がるようになっている!まさに秘密基地!木造であることも重要なポイントだ。
この中で誰に遠慮することもなく、一日中ビートルズを聴くことが出来たら、巨人の星を全巻揃えて読むことが出来たらしあわせだ。そうだ、油絵を描いたり、小説を書くのもいいなあ。トレーニング機器を置いて時々は筋トレやったりして・・・・。なんて、気が付いたらモデルハウスで2時間も空想の世界に浸っていた。
1か月後、自宅の庭に建った楽想庵を見ながらしみじみ思う。これからの居場所が出来た。トラスに守られて自分の時間を楽しむ人生が始まる。まるで母親に守られる子供のように、と言ったら言い過ぎか。さあ、また頑張ろう!

主婦じゃない私の時間
女性(50歳)

若いころは趣味もいっぱいあって、心底楽しかったなあ・・・。画家にあこがれて芸大にも通わせてもらったし。卒業してしばらくの間、挿絵描きみたいな仕事だけで生活できたのも、実家がそこそこ裕福だったから。
主人とは挿絵の仕事でデザイン事務所に顔を出していた時に知り合い、しばらく交際してめでたく結婚。しかし私が一人娘という事もあり、主人にはマスオさんになってもらいました(笑)。実の両親と、主人、そして子供二人との生活は気楽で楽しい日々だったけど、両親の年齢に比例して、私がしなければならない家の仕事は増えていきました。主婦業がこんなに大変だったなんて、まったく思いもしなかったよ。お母さん、今まで本当にありがとう。
そう思っているのもつかの間、両親は潔い人たちで、自分で動けるうちに二人してさっさと施設に入所してしまいました。月2~3回ほど顔を出すととても楽しそうに施設生活をエンジョイしている様子。自分といえば、独立した子供たちが孫を連れて、ときどき遊びに来てくれるのは嬉しいけど、ここでの主婦という立場は何歳になっても変わらないのだと思うと、一抹の寂しさも・・・。
そんな時、主人が小屋のパンフレットを持って帰ってきたのです。とんがった屋根のちょっとお洒落なデザインで、入り口は床下から小さな階段で上がるみたい。「楽想庵」というみたい。主人に誘われてモデルハウスを見に行くと結構大きな建物です。小屋って聞いてたから物置に使うくらいの感覚で見に来たんだけど、これならちょっとした趣味の部屋に使えそうだな、って思いました。三角形の組み合わせでできた木造のトラス工法とかで、構造的に普通の木造より強いらしい。パンフレットで見るより実物のデザインはインパクトがあるし、床下からトントンと登って中に入る時は、これから籠るぞっていう感じ。だけど中に入ってみると、高床式なので高い視点から外を見ることができるし、天窓もあって結構解放感も味わえます。籠るっていうよりむしろ守られているっていう感じかな。何か安心感を得られる部屋だと思いました。主人は自分の書斎にしたいと考えていたみたいだけど、「自分だけ隠れ家作るなんて許せない!」って感じで、結局マスオさんの書斎とはならず、私の趣味の部屋として我が家の庭にやってきました。こんにちは「楽想庵」!
とりあえず、学生時代から、「いつか自分のものに」と夢見ていた絵の道具一式を持ち込んで、古くなったソファも置いて、好きな絵も飾って私好みの部屋作りを1週間かけて楽しみました。
そして今、趣味の絵画を数十年ぶりに始めました。何よりうれしいのは生活の場から離れられるということ。ほんの数歩で行き来できるのですが、この「楽想庵」に入ると母屋の雑事は一切目に入れないで済むのが素敵。自分だけの世界に浸れる「楽想庵」。なんだかこの先の人生が楽しくなってきたな(^^♪ 売れっ子画家の道もそんなに遠くないかも。

FAQ
よくあるご質問と答え

Q.楽想庵購入の流れを教えてください。
A.まずはホームページか取次店にご相談ください。
弊社指定の施工会社(工務店か建設会社)とのご契約となります。

Q.楽想庵は確認申請を行う必要がありますか?
A.楽想庵は建築基準法上の建築物と考えられますので、建築基準関連法規を遵守し、確認申請を行う必要があります。ただし建てたい土地の条件と状況によっては確認申請が必要ない場合があります。下記のチャートで簡易的に判断することができます。
  1. 1. 楽想庵を建てたい土地が都市計画区域・準都市計画区域である。
    →はい:質問2へ
    →いいえ:確認申請は必要ありません。
    ※一部行政が指定する区域で必要な場合がありますので、行政の建築指導課などにお問い合わせ下さい。
  2. 2. 楽想庵を建てたい土地が防火地域や準防火地域でない。
    →はい:質問3へ
    →いいえ:確認申請は必要です。
  3. 3. 楽想庵を建てたい土地に既に建築物がある。
    →はい:(小屋であれば10㎡以内のため)確認申請は必要ありません。
    ただし、楽想庵の増築によって建蔽率や容積率の限度を超えないかなど建築基準関連法規のチェックが必要です。
    ※既存の建物の確認申請書をご用意の上、建築主事(行政or民間)に相談するか、提携建築士を紹介しますので、そちらにお問い合わせ下さい。
    →いいえ:確認申請は必要です。
  • ※法22条地域という防火指定のある地域に建てる場合で隣地境界や道路中心線から3m以上離すことができない場合は、外壁を準防火構造にグレードアップする必要があります。
  • ※準防火地域に建てる場合で隣地境界や道路中心線から3m以上離すことができない場合は、外壁を防火構造にグレードアップする必要があります。
  • ※防火地域に建てる場合は、外壁を防火構造にグレードアップする必要があります。

ABOUT US
企業情報

ビジョン

木造トラス工法による建築物や建造物の研究開発と普及活動を通じて、
日本の自然環境に配慮した木材の有効活用を提案し、
豊かで健全な心身の育成と地域の活性化に寄与することを使命とします。

企業情報

社名 一般社団法人 日本木造トラス協会
住所 〒460-0002 名古屋市中区丸の内3丁目7番26号 ACAビル5階
ホームページ http://gakusouan.jp/
Facebookページ https://www.facebook.com/gakusouan/
設立日 平成27年4月1日
電話番号 050-3825-6345
Eメール info@gakusouan.jp

会員情報

名誉会長
筒井 信之
基デザイン研究所
理事長
細渕 敦
兼希工業株式会社
副理事長
藤田 正彦
株式会社テラ
副理事長/事務局長
宇田 光宏
SPデザイン株式会社
理事
笹野 直之
有限会社笹野空間設計
理事
住田 高寿
株式会社ティーエス工建
監事
横井 勝
セブン工業株式会社
正会員
足立 峯幸
有限会社足立住建
正会員
服部 賢昇
セブン工業株式会社
正会員
福本 真衣
株式会社アイズ

CONTACT US
お問い合わせ

フォームでのお問い合わせ
お問い合わせの内容
お名前
E-mailアドレス
電話番号
コメント
(営業時間/AM10:00~PM5:00 定休日/土・日曜日・祝日)